ローコスト注文住宅(安い注文住宅)の特徴と選び方

ローコスト注文住宅は「初期費用を安く」でも「自由度の高い家づくり」を実現させる価格の安い注文住宅です。ローコスト住宅にするべきか?それとも注文住宅に決めるべきか?迷う方なら参考にできる、ローコスト注文住宅の特徴や魅力、安い注文住宅を扱うハウスメーカーなど、詳しくご紹介します。

ローコスト注文住宅の特徴と選び方

ローコスト住宅ならではの”低価格“はカナリ魅力的。でもやっぱり、自由な間取りや住宅設備にまで拘れる”注文住宅“も捨てがたい…。

人生で最も大きな買い物のひとつと言われる新築の家づくり。初期費用を安く抑えて家計に優しい「ローコスト住宅」に決めるべきか?それとも、家づくりの理想にこだわり抜いた「注文住宅」にするべきか?家づくりの選択に迷っている方も多いのではないでしょうか。

低価格と自由設計の家づくり、どちらも叶えたい!そんな方にオススメなのが「ローコスト注文住宅」という家づくりの選択です。そこでこの記事では、

  • ローコストでも注文住宅は建てられるの?それってどんな家?
  • ローコスト注文住宅を扱うハウスメーカーってどこ?
  • 一般的な注文住宅と比べて坪単価や値段はどれほど安いの?

といった、低価格なのに自由度の高い家づくりの方法「ローコスト注文住宅」ついて、安さの理由やその特徴、魅力などについて詳しくご紹介します。

ローコスト注文住宅とは?

ローコスト注文住宅とは、その名の通り「注文住宅」の自由な家づくりの要素を備えつつ、「ローコスト住宅」の低価格を実現させた住宅プランのこと。一般的な注文住宅と比べると、坪単価・値段を安く抑えた家づくりが可能で、間取りや住宅設備の選択肢・自由度が高いことが大きな特徴です。

そもそもローコスト住宅には、「規格型(企画型)住宅」と「注文住宅(セミオーダー型)」の2種類の設計方法が存在します。
規格型のローコスト住宅とは、予め決められた間取りプランや住宅設備の中からセレクトして決める家づくりの方法です。一方、ローコスト注文住宅は、間取りや外観、仕様といった家づくりの多くを一定の範囲で自由に決めることができます。

注文住宅と規格型住宅の違いとは?

注文住宅の特徴
  • 家づくりのこだわりや要望を高い基準で叶えることができる
  • お金を掛ける箇所と削る箇所を選べるのでコストダウンの自由度が高い
  • 完成した住宅の資産価値が高い

「注文住宅とは?」が分かる!建売との違いやメリット・デメリットを解説

規格型住宅の特徴
  • 建築コストを安く抑えることができる
  • ある程度自分の好みに合わせた家づくりができる
  • 打合せの時間や完成までの工数を短く早く入居できる

規格住宅とは?規格型住宅なら「人気の平屋」も低価格!?

また設計方法や手順・流れの違いのほかにも、注文住宅と規格型住宅では住宅本体の値段も大きく違ってきます。住宅メーカーや敷地面積・建築予定地によって差があるものの、注文住宅の方が割高で、規格型住宅の方は低コストで家を建てることができます。

ちなみに「超ローコスト住宅」と呼ばれる、本体価格1000万円以下で建てられる住宅の多くは、規格型住宅に分類されています。

格安住宅のメリットとデメリットとは?超ローコスト住宅の魅力

格安住宅(超ローコスト住宅)のメリット・デメリット

“コスパ重視”で「高品質」でも「安い家」が建つ!ローコスト注文住宅の魅力

ローコスト注文住宅の大きな特徴は、家づくりを自分好みにカスタマイズしながら低価格で家を建てられること。この特徴は、住宅設備の使い勝手やデザインにも拘れるのともう一つ、予算の都合に合わせたコストダウンも可能にします。たとえば、

  • 家の凹凸が少ないシンプルなデザインにして、壁の面積を少なくする
  • 無駄な収納スペースを作らず、部屋数を極力少なくする
  • 水回りをまとめてオプションを付けすぎない
  • 設備・仕様は既製品で揃えるようにしてこだわりはDIYで自作する

などです。ローコスト注文住宅は、設計の自由度や選択肢の広さを上手く利用することで、安い坪単価・初期費用の値段を抑えた家づくりができます。予め間取りや設備の仕様が決められている規格型住宅にはないメリットと言えるでしょう。

また、設計の自由度や設備の選択肢の広さは、家づくりをお願いする住宅メーカーによって大きく違います。そのため、ローコスト注文住宅を検討する際は、ハウスメーカーの特徴をはじめ、住宅プランの違いなどを予め抑えておくことが重要です。

ローコスト注文住宅を手掛けるハウスメーカー

ローコスト注文住宅という方法で、自分好みのこだわった家づくりをイメージされている方であれば、ハウスメーカー選びを慎重に行うべきで必要な情報収集に十分な時間を掛けるべきです。ローコスト注文住宅を手掛けるハウスメーカーは、得意とする建築技術や独自の特徴を持つなどさまざま。

家づくりのイメージに近いハウスメーカーを見つけるために、それぞれの特徴や住宅プランの違いを比較しながら、必要な資料請求な情報収集を行っていきましょう。最後に、ローコスト注文住宅を扱うハウスメーカーをピックアップしてご紹介します。

タマホーム

タマホーム
社名:
タマホーム株式会社
坪単価の目安:
約30~55万円
年間着工数:
約11,000棟
建築工法:
木造軸組在来工法
公式サイト:
タマホーム公式サイト

ローコスト住宅を取扱うハウスメーカーの中でも、圧倒的な知名度と着工数を誇るのがタマホームです。『品質も、価格も、叶う家』をコンセプトに、中間業者を挟まない独自の施工管理と高品質な国産材料を安定価格で仕入れる流通システムなど、徹底したコスト削減・圧縮によって”良質”で”低価格”を両立させる注文住宅を提供しています。

タマホームの注文住宅は、住宅の品質基準「住宅性能表示制度」において、耐震性・省エネルギー性・劣化対策・維持管理/更新の容易性の4項目で最高等級を獲得。すべての住宅プランで自由設計を可能としていることから、自分好みの間取り・カスタマイズした住宅設備の家をローコストで建てることができます。

レオハウス

レオハウス
社名:
株式会社レオハウス
坪単価の目安:
約40万円~
年間着工数:
約1,800棟
建築工法:
木造軸組工法・2×4工法
公式サイト:
レオハウス公式サイト

レオハウスは、東京新宿に本社を構える東証一部上場ナックのグループ企業です。
住宅メーカーとしての歴史はまだ浅いものの、全国に100店舗のネットワークを持ち、現在までの引渡し棟数は20,000棟を超える急成長をみせています。また、「低予算で希望するライフスタイルに沿った家づくり」ができるのが大きな特徴で、過去のオリコン顧客満足度ランキング・金額の納得感では、3年連続1位を獲得でも有名です。

オリコン顧客満足度ランキングで上位を獲得した裏付けにあるように、数あるローコスト住宅メーカーの中でも、比較的安い坪単価で家を建てることができます。また、家づくりのこだわりを形にする自由な設計を可能としていることも大きな特徴です。

ヤマト住建

ヤマト住建
社名:
ヤマト住建株式会社
坪単価の目安:
約40~50万円
年間着工数:
約800棟~
建築工法:
金物工法+ パネル工法
公式サイト:
ヤマト住建公式サイト

ヤマト住建は兵庫県神戸市に本社を構え、関東・中国・近畿・中部エリアで展開する住宅メーカー。徹底したコスト削減と低コスト住宅の提供をするために、大々的なテレビCMや広告宣伝などは行っていません。そのため、全国的にみればその認知度は高くないものの、高品質なローコスト住宅が口コミや評判で広まった、確かな実績をもつハウスメーカーといます。

ヤマト住建の大きな特徴は、高気密で高断熱な健康的な家づくりをローコストで建てられること。また、耐震性にこだわった金物工法+パネル工法に制振ダンパーを組み合わせた、地震に強い家づくりも特徴のひとつです。
建築費用の目安は1600万円(諸費用・付帯工事費込み)から。初期費用が見えづらいローコスト住宅では珍しい、「コミコミ!ワンプライス住宅」での価格設定がされているので、予算オーバーの失敗リスクを大きく軽減できるのも魅力です。

クレバリーホーム

クレバリーホーム
社名:
株式会社 新昭和FCパートナーズ
坪単価の目安:
約30~60万円
年間着工数:
約1,900棟
建築工法:
木造軸組工法(在来工法)+ツーバイフォー(2×4)工法
公式サイト:
クレバリーホーム公式サイト

クレバリーホームは、フランチャイルズ経営で全国展開するハウスメーカー。大手ハウスメーカーのブランド力や仕入れのノウハウ、地元工務店の高い施工能力とサービスを組合わせた質の高い注文住宅が大きな特徴です。

また、クレバリーホームといえば『タイル張りの外壁』です。美しい外観と雨風に強い耐候性、時間の経過によるメンテナンスコストを抑える高い耐久力をもつ外壁タイルが大きな特徴。数あるローコスト住宅メーカーの中でも、タイル外壁の美しい外観デザインを出せるのはクレバリーホームならではと言えるでしょう。初期費用のレンジはやや広く、ローコスト住宅の中では高めの設定で1900万円前後と見られています。

アキュラホーム

アキュラホーム
社名:
株式会社アキュラホーム
坪単価の目安:
約30~55万円
年間着工数:
約1,600棟
建築工法:
木造軸組工法
公式サイト:
アキュラホーム公式サイト

アキュラホームは「品質も価格もあきらめない」をキャッチフレーズに、”匠の心”をもったプロ職人集団が住まいの品質・性能・デザインのクオリティを追及しながら、徹底したコストカットによる低価格住宅の提供を行っています。

アキュラホーム最大の特徴は、家づくりのノウハウをデータベース化した「アキュラシステム」と、全国の地域工務店・ビルダーを結ぶ「ジャーブネット」による、先進技術や最新の住宅関連情報をネットワーク組織で共有させていること。この独自システムによって、資材や設備の仕入れにかかる中間マージンのコストカット、下請け業者を介さない作業の効率化を行っています。
ZEH住宅や長期優良住宅、平屋や太陽光発電など、さまざまな住宅プランに対応可能。初期費用も1000万円台からと、幅広いニーズに応える低価格住宅のラインアップも魅力のひとつです。

セルコホーム

セルコホーム
社名:
セルコホーム株式会社
坪単価の目安:
約45~70万円
年間着工数:
約1,000棟
建築工法:
2×4工法
公式サイト:
セルコホーム公式サイト

セルコホームは、住宅先進国カナダの輸入住宅を取り扱うローコスト住宅メーカー。国内には多数の輸入住宅メーカーが存在しますが、“カナダの輸入住宅”に限定するとセルコホームがシェア№1の実績を誇ります。

住宅先進国のカナダは世界で最も住環境の整った国として有名です。この先進技術を取り入れた優れた住宅性能と、輸入住宅ならではの美しい洋風の外観デザインの家を、低コスト・自由設計で建てられるのがセルコホームの大きな特徴です。また、建築にかかる工数を約60日と短いことも特徴のひとつです。

セルコホームの坪単価は、ローコスト住宅の中ではやや高めの設定で、安い価格の住宅プランでも1500万円から。住宅プランの選択やオプション追加などによって、2000万円を超えるケースもあります。

富士住建

富士住建
社名:
株式会社 富士住建
坪単価の目安:
約40万円~
年間着工数:
約700棟
建築工法:
木造軸組工法・2×4工法
公式サイト:
富士住建公式サイト

富士住建は、埼玉を拠点にして関東エリアに対応した地域密着型のローコスト住宅メーカー。高品質で適正価格をキャッチフレーズに「完全フル装備の家」をコンセプトにした、省エネ・設備・防犯システム・生活必需品を備えた、自由設計のローコスト注文住宅が大きな特徴です。

通常であれば、オプションで追加するようなハイグレードな設備を完全フル装備の家では全て標準仕様で完備。本体価格にこれらの標準設備や10年保証まで含まれているので、価格を把握しやすく予算オーバーといった費用のトラブルも起こし辛い「適正価格」での販売を行っています。また、長期優良住宅・ZEH住宅にも対応可能です。
初期費用の目安は1500万円前後。『ローコスト住宅とは言わないまでも、低価格で住宅設備の整ったグレードの高い注文住宅を建てたい。』という方にはピッタリの住宅プランが見つかるかも知れません。

ユニバーサルホーム

ユニバーサルホーム
社名:
株式会社ユニバーサルホーム
坪単価の目安:
約40万~50万円
年間着工数:
約1,900棟
建築工法:
木造軸組工法
公式サイト:
ユニバーサルホーム公式サイト

ユニバーサルホームは、東京に本社を置いて全国にフランチャイルズ事業を展開するローコスト住宅メーカー。ローコスト住宅でありながら、独自の床暖房システムや高級建材のALC外壁を標準装備するなど、低価格と充実した設備を両立させた住宅プランが大きな特徴です。

ユニバーサルホーム最大の特徴といえば、自然エネルギーを活用しながら万が一の災害から家族を守る「地熱床システム」の基礎工法。地熱床システムは、床下の空間を土と砂利で埋め尽くし、その上をフラットジグとコンクリートで仕上げた特許工法の基礎です。
地熱を有効活用することで、夏はひんやり冷たく冬はほんのり暖かい、年間を通じて室内を快適な状態に保つことができます。また地熱システムの基礎工法は、外部からの圧力や振動、騒音などを吸収・分散するクッションの役目を果たすため、「地盤の負荷軽減」「地震振動の吸収」、「床下浸水の防止」など、自然災害にも強い高い安全性も備えています。

初期費用の目安は1000万円台。FC化による資材一括購入や加盟工務店の直接請負、工期の短縮などで建築コストを安く抑えているため、低価格で家を建てることができます。低コストでありながら地震や水害に強い家を建てられるのが大きな魅力といえるでしょう。

アエラホーム

アエラホーム
社名:
アエラホーム 株式会社
坪単価の目安:
約40万~50万円
年間着工数:
約500棟
建築工法:
木造軸組工法
公式サイト:
アエラホーム公式サイト

アエラホームは、東京千代田区に本社を構えるローコスト住宅メーカー。
元々は山梨県で「中島工務店」として設立し、社名を何度か変更した後に現在の「アエラホーム」と社名を変更。関西や九州エリアの一部を除く、全国の主要都市に約50店舗の拠点に拡大しています。ローコスト住宅としてはタマホームが一躍有名になりましたが、アエラホームは更に古く40年を超える実績を誇ります。

アエラホーム最大の特徴は「低価格かつ省エネ基準をクリアする、気密性・断熱性・遮熱性の高い住宅を建てられること。」その中でも、アエラホームの代名詞とも言えるのが「超高気密・超高断熱」の家です。アルミ箔で覆われた高性能断熱材で家全体をすっぽりと包み込み、徹底した気密処理を施した家は、冷暖房のロス・室内の気温差を少なく、年間を通して快適な室内温度を保つことができます。
また、他のローコスト住宅メーカーと比べて、施工費用をかなり安く抑えられる事も大きな特徴です。初期費用を1000万円台に抑えて、住宅性能や暮らしの快適さを求める方であれば、理想に近い住宅プランが見つかるかも知れません。

『ローコスト注文住宅の特徴』まとめ

ローコスト注文住宅は、「低価格」と「自由設計」を両立させるメリットの高い家づくりの方法です。もし、ローコスト住宅か?注文住宅か?家づくりのプランニングを迷っている方なら、ローコスト注文住宅というもう一つの選択肢を加えてみるのも一つの手段です。
規格型住宅では実現できない自由度の高い家づくりの方法は、理想に近く家計にも優しいピッタリの住宅プランを見つけられるかも知れません。

今回、ローコスト注文住宅を扱うメーカーをいくつかピックアップしてご紹介しましたが、初期費用の参考となる坪単価や住宅性能を左右する工法、設備や仕様にいたるまでその特徴も様々です。このページに訪れた方であれば、『低価格でも自分好みのこだわった家づくりを成功させたい!』とお考えのはず。
理想の家づくりを実現させるために、ローコスト住宅メーカーの資料請求や情報収集に時間をかけて、特徴やプランの違いをジックリと比較して選んでいくようにしましょう。

ローコスト住まい
希望価格・理想間取り手にする方法!!
無料で使える!
間取りプランの作成・見積り比較サービス
タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりは全国600社以上の住宅メーカーの中から、家づくりの条件・要望に合わせた"間取りプランの作成"&"費用の見積り"をオンラインでお取り寄せできる住宅プラン比較サービス。条件にピッタリの住宅メーカーを"カタログ"や"間取りプラン"、"費用の見積もり"から比較・検討したい方にオススメのサービスです。低コストな家づくり計画を前に進めるために有効活用してください。

※ページでご紹介している住宅会社様と提携していないケースもございます。

簡単・3ステップ!
住宅カタログ・資料の一括請求サービス
ライフルホームズ

ライフルホームズは予算・人気テーマ・希望エリアの条件を指定して、気になる住宅カタログを一括請求できる無料のWEBサービス。ライフルホームズのカタログ一括請求なら、ローコスト住宅に対応する会社だけを簡単に検索できるので、価格を安く抑えた家づくりを目指す方にとってはメリットの大きいサービスです。家づくり計画をスタートした方、これからという方も、住宅メーカー選び&必要な情報収集に役立てて下さい。