1500万の家ってどんな家?コミコミ価格の特徴&間取りの実例

「1500万で家は建てられるのか?」こんな疑問をお持ちではないですか?まず、予算1500万円で家を建てることは可能です!ただし、ローコスト&規格住宅という条件を前提に「コミコミ価格」or「本体価格」という費用の内訳をハッキリさせると家づくりのイメージが作りやすいです。この記事では、1500万円でどんな家が建てられるのか?コミコミ1500万の家の特徴、間取りの実例などを交えて詳しくご紹介します。

1500万の家ってどんな家?コミコミ価格の特徴&間取りの実例

1500万の家ってどんな間取り?
そもそも、1500万円で家は建てられるの?

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?
まず、すでに土地を所有されている方で、1500万円の予算を「建物代」+「その他費用」とお考えであれば、十分な生活スペースを確保した家を建てることができます。ただし、

「土地代」+「建物代」+「その他費用」を含めた総額ということであれば、かなりハードルが高いと言えます。しかし一方で、「コミコミ1500万円の家」という、手が届きやすい商品プランを選択肢に加えるという方法も。そこで今回のページでは、

  • 1500万円の家の特徴とは?土地代込みで建てられるのか?
  • コミコミ1500万の家とは?商品プラン・間取りの事例
  • 1500万円前後で建てた注文住宅・平屋の間取り実例

など、1500万の家をテーマに、特徴や注意点、実際の間取り実例などをご紹介します。

またページ後半では、一条工務店・タマホームといった大手ハウスメーカーで建てる1500万円の家、また番外編として、積水ハウス・ミサワホームでも1500万円の家は建てられるのか?という疑問についてもご紹介しています。ぜひ最後までご覧になってください。

こんな記事もオススメです

予算1500万円で建てる家の特徴とは?

予算1500万円でどんな家が建てられるのか?その特徴を見てみましょう。

費用の掛け方によって様々なグレードの家を建てることができますが、予算1500万円の場合、建築コストを安く抑えた「ローコスト住宅」で、予め設備や仕様が決められた「規格住宅プラン」が前提の条件になります。(セミオーダー型の住宅など)

では、実際にどんな家を候補として考えることができるのか?「アーキホームライフ」で建てた1500万円の家、その外観デザインや間取りの実例などを見てみましょう。

【延床面積30.6坪】アーキホームライフで建てた1500万円の家

1500万円の家「外観デザイン」

出展:SUUMO

本体価格:1,468万円(47.9/坪)
延床面積:101.43㎡(30.6坪)
敷地面積:
家族構成:夫婦
施工会社:アーキホームライフ

間取り図(4LDK)

1500万円の家「間取り図」

上記の事例は、大阪・兵庫・京都の注文住宅を手がけるハウスメーカー「アーキホームライフ」で建てた約1,500万円の家の外観デザインと間取り図です。

1階には「LDK」と「水まわり」、使い勝手のいい「和室」を配置して、2階部分にはウォークインクローゼットが併設した「主寝室」、2部屋の「洋室」と4LDKの間取りに仕上げられています。

内観ギャラリー

1500万円の家「内観ギャラリー」
間取り・内観の特徴
  • シンプルながら規則的に並ぶ小窓がアクセントの「外観デザイン」
  • 白と黒のモノトーンでまとめた「スタイリッシュな空間」
  • 2階へと続く吹き抜け階段の設置で「明るく開放的なLDK」

家の広さや家族構成によって違ってきますが、夫婦二人暮らし、もしくはお子さんを加えた3人家族の場合でも、十分な生活スペースを確保した間取りといえるのではないでしょうか?

1500万円を予算とした場合、上記のような家を建てることができます。
ただし、建物代を安く抑えるということは、建てられる「家のグレード」や「家づくりの制限」などをある程度許容する必要があります。

『どんなグレードの家が建てられるのか?』『設備や間取りにどんな制限があるのか?』こうした情報を前もって調べておくようにしましょう。

予算1500万円なら「ローコスト&規格住宅」が前提条件

続いて、予算1500万円でどんなグレードの家が建てられるのか?

冒頭でもお伝えしましたが、建築コストを安く抑えた「ローコスト住宅」で、予め設備や仕様が決められた「規格住宅プラン」が前提の条件になります。(セミオーダー型の住宅プランも含みます。)

規格住宅とは?

規格住宅とは、間取りや部屋数、家の広さや設備のグレードなどが予め「規格」として決められている住宅プランのこと。一般的な注文住宅と比べると、費用を安く、短い工期で家を建てられるのが大きな特徴。

  • 規格住宅のメリット:無駄なコストを極力省いて予算に収まる家づくりができる。
  • 規格住宅のデメリット:設計の自由度が低く大幅なカスタマイズができない。

規格住宅の特徴を詳しく知りたい方は「規格住宅とは?注文住宅との違いとメリット・デメリット」こちらのページを参考にしてみてください。

そしてもう一つ。

大手ハウスメーカーなどが手がける「自由設計・セミオーダー型」の住宅プランを見かけることが多いと思いますが、『設計の自由度を上げる=費用が高くなりやすい』ということに注意が必要です。

設備のグレードやこだわりを強く持ちすぎてしまうと、1500万円の予算をオーバーしてしまう可能性が十分に考えられます。『予算1500万円なら「ローコスト&規格住宅」が前提』ということを忘れないようにしましょう。

1000万台・2000万台・3000万台・4000万台 予算別に違う家の特徴とは?

予算に応じてどんなグレードの家を検討できるのか?1000万円~4000万円台の予算別に、建てられる家の特徴をまとめてみました。

予算建てられる家の特徴
1000万円台の家間取りや設備の使用が予め決められた「規格住宅プラン」に限定されます。凹凸の少ないシンプルな外観に間仕切りを少なくしたオープンな間取りなどが特徴です。
2000万円台の家間取りやデザインの自由度が高く、グレードの高い設備も選べるなど、1000万円台の家と比べると、家づくりの希望を一定の範囲で叶えることができます。
3000万円台の家注文住宅を建てる平均的な価格相場が3,000万円台です。外観デザインや間取りの自由度が高く、ハイグレードな設備を取り入れるなど、家づくりの要望の多くを叶えることができます。
4000万円台の家大手ハウスメーカーだけでなく、一級建築士が在籍するデザイン設計事務所などに依頼できる金額です。外観デザインや間取り、素材や設備の細かい部分まで、自分好みのこだわった家づくりが可能になります。

「●●万円の家」など、金額を参考にするケースも多くあると思いますが、住宅情報サイトや住宅メーカーのパンフレット・WEBサイトに記載されている金額は「本体工事費(本体価格)」ということにも注意が必要です。

家を建てるには「本体工事費」のほか、外構工事や水道・ガス工事などの「付帯工事費」、手続きの手数料や税金などの「諸費用・その他費用」が掛かってしまうことを忘れないようにしましょう。

ローコスト住宅の価格が分かる!総額1000万台の内訳とコミコミ価格の見方

1500万円(土地代込み)で家は建てられるのか?

1500万で土地付きの家は建てられるのか?」という疑問。

土地の広さや値段、生活者の人数、建物の形状や価格など、条件によってさまざまなシチュエーションが考えられるため、不可能ではないものの「ハードルはかなり高い」です。

先ほどのトピックでもご紹介しましたが、家を建てるには「本体工事費」のほか、「付帯工事費」や「諸費用」といった別途費用が掛かります。もし仮に安い土地が見つかったとしても、土地の購入・購入後の工事などで「約5%~10%の諸費用・税金」が掛かってしまうのです。

ローコスト住宅の総額が分かる!費用の内訳と坪単価の画像

こうした費用の内訳をみると、1500万円で「土地代」+「建物代」と考えるのがかなり難しい条件だといえるでしょう。

『土地代込みで1500万』という条件には一致しませんが、次のトピックでご紹介する「コミコミ1500万の家」、または下記のページから何かしらのヒントが見つかるかもしれません。こちらも合わせてご覧になってください。

コミコミ1500万の家とは?

1500万の予算で家を建てるには、
住宅の本体価格が1500万と決められた「規格住宅」を検討する。という方法のほかに、

「本体工事費」+「その他費用」がセットになった『コミコミ1500万の家』の購入を検討する。という方法を加えることもできます。では、

  • コミコミ価格の家って何?どこまでの価格?
  • コミコミ1500万のプランでどんな家が建てられる?

こうした「コミコミ1500万の家」に関する疑問について、詳しくご紹介します。

そもそもコミコミ価格とは?

コミコミ価格とは、建物の本体工事費だけでなく、一部の「付帯工事費」や「諸経費」を含めた価格をワンパッケージにした商品プランのこと。

コミコミ価格と本体価格の違い

通常、多くのハウスメーカー・工務店では、建物の本体工事費を”価格“として表示されていますが、コミコミ価格の商品プランの場合「本体工事費+その他費用」を含めた”標準価格“としてパッケージ化されているのです。

前もって家を建てる費用の多くがわかるため、予算オーバーのリスクを少なくして、計画的な返済シミュレーションを立てることができます。また、ハッキリとした金額を知れる分、自分にあった間取りプランを選びやすいというメリットのひとつです。

一方で、コミコミ価格には注意すべき点も。
コミコミ価格という金額に含まれているのはどこからどこまでの費用なのか?』この基準がハウスメーカーや工務店によって違います。外構工事費や諸費用などが含まれないケースも多くあるため、注意深くその内容を確認するようにしましょう。

また、『「コミコミ価格=家を建てる総額費用」ではない。』ということ。これだけは絶対に勘違いしないようにしてください。

コミコミ価格の規格住宅を提供するハウスメーカー

会社名商品プラン / 価格コミコミ価格の範囲
秀光ビルド・SL-J[規格住宅]1040万円~
・UL-J[自由設計]1105万円~
・平屋 963万円~
建物の本体工事費 / 水廻り設備 / 仮設工事 / 標準10年間保証 / 全10回検査+WEB見える化 / 屋内給水排水+外部給排水 / 確認申請・図面作成 / 地盤調査・地盤保障 / 緊急駆け付けサービス / 定期点検サービスの実施 / 最長40年住宅設備保証サービス
タマホーム・シフクノいえ25:900万円~
・シフクノいえ プレミア:1149万円~
屋外給排水工事費 / 仮設費用 / 下水道接続工事費 / 屋外電気配線工事費 / 地盤調査費 / 工事管理費 / 雨水排水工事 / 住宅瑕疵担保責任保障加入料 / 諸検査費用 / 基本図面作成料 / オプション工事費 / 屋外立水栓工事費 / 設計料
Home Design 陽・EXY:1850万円~
・IZU:2050万円~
・ECOLOGIA:2180万円~
・BLEAST:2980万円~
・ZEPTO:1450万円~
他多数
本体工事費 / 基礎工事 / 木工事 / 屋根・板金工事 / 外壁工事 / 内装工事 etc / 仮設工事 / 敷地調査 / 地盤調査 / 屋外電気工事 / 屋外給排水工事 / 外溝工事 etc / 設計費 / コーディネート費 / 現場管理費 / 工事保険 / 消費税
あいホーム・コンパクトな家:1278万円~
他多数
建物本体工事 / 屋外給排水工事 / 雨水接続工事 / 仮設工事 / 外線引込み工事 / 上・下水接続工事 / 地盤調査・保障 / 建物調査・保障 / 住宅瑕疵担保保険料 / 図面作成・建築確認申請費 / アクターメンテナンス / オーダーカーテン・カーテンレール / LED照明器具 / 制振装置 / 消費税
ハーバーハウス・ZEPTO:1510万円~
・ORGA:1993万円~
・EXY:1940万円~
・IZU:2090万円~
他多数
本体工事費 / 敷地調査 / 地盤改良工事 / 仮設工事 / 外溝工事 / 屋外電気工事 / 屋外給排水工事 / 設計費 / 現場管理費 / 消費税 / 工事保険・営業経費など

一部、ピックアップしてご紹介しましたがいかがでしたか?
コミコミ価格の商品プランを提供するハウスメーカーをご紹介しましたが、コミコミ価格に含まれる費用(項目)が会社によって違うことが伝わったかと思います。

コミコミ価格にはどこからどこまでの費用が含まれているのか?』必ずチェックするようにしましょう。

また上記のリストには、今回のテーマでもある「1500万円の家」も含まれているのにお気づきだと思います。次のトピックでは、実際にコミコミ1500万の家をより詳しくご紹介していきます。

【平屋・2階建て】コミコミ1500万で建てる家 事例3選

コミコミ1500万円でどんな家に仕上げられるのか?「平屋の家」と「2階建ての家」、2つの項目に分けて外観デザイン、間取りプランなどをご紹介します。

【2階建て】コミコミ1500万の家 Home Design 陽(ひなた) -ZEPTO

【2階建て】コミコミ1500万の家 Home Design 陽(ひなた) -ZEPTO「外観デザイン」

出展:Home Design 陽

本体価格:1,450万円(税込み)
延床面積:73.69㎡(22.25坪)
施工会社:Home Design 陽
商品プラン:ZEPTO(ゼプト)
間取りプランの例
【2階建て】コミコミ1500万の家 Home Design 陽(ひなた) -ZEPTO「間取りプランの例」

「Home Design 陽(ひなた)」は、埼玉県の本庄市・深川市を中心に展開するハウスメーカー。ローコスト&コミコミ価格の商品プランを数多く手がけ、次世代省エネ基準にもこだわった家づくりを提供しています。

【2階建て】コミコミ1500万の家 タマホーム -シフクノいえ プレミア

【2階建て】コミコミ1500万の家 タマホーム-シフクノいえ プレミア「外観デザイン」

出展:タマホーム

本体価格:1,532万円(税込み)
延床面積:62.10㎡(18.78坪)
施工会社:タマホーム
商品プラン:シフクノいえ 2階建て
間取りプランの例
【2階建て】コミコミ1500万の家 タマホーム-シフクノいえ プレミア「間取りプランの例」

ローコスト住宅の先駆けとしても有名な「タマホーム」が提供する規格住宅、「シフクノいえ プレミア」の2階建てプラン。上記の間取りプランの例は、1LDKのAタイプですが、「2LDKのBタイプ:1554万円」と「free+LDKのCタイプ:1532万円」と、2階部分を好みによって選ぶことができます。

【平屋】コミコミ1500万の家 タマホーム -シフクノいえ プレミア

【平屋】コミコミ1500万の家 タマホーム-シフクノいえ プレミア「外観デザイン」

出展:タマホーム

本体価格:1,429万円(税込み)
延床面積:53.00㎡(16.03坪)
施工会社:タマホーム
商品プラン:シフクノいえ 平屋
間取りプランの例
【平屋】コミコミ1500万の家 タマホーム-シフクノいえ プレミア「間取りプランの例」

先ほどご紹介したタマホームの「シフクノいえ プレミア」の平屋プランです。 上記の間取りは、1LDKの北入りプランですが、「2LDK南入りプラン:1572万円」と「3LDK南入りプラン:1747万円」が用意されています。

ワンポイント
コミコミ1500万円の家に限定して大丈夫ですか?

もし、「上物を建てる予算が1500万円まで」と考えている方であれば、コミコミ価格だけに限定しないほうがいい結果になるかもしれません。というのも、

  • コミコミ1500万円の家を提供する会社が少ない。
  • ハウスメーカーの選び方次第で1500万円に抑えられるケースも。
  • 金額だけに固執するのがリスキー。性能や品質、アフターフォローも大事。

こうした理由から、ハウスメーカーから地元の工務店など、幅広く候補を選んでいく方がベターです。もちろんそこに、コミコミ1500万円の家を提供する会社を含めてもOKです。

ちなみに、全国600社以上の住宅メーカーの中から、土地の条件や家づくりの希望に合わせた「概算見積もり」「間取りプラン」を取り寄せられる便利なWebサービスがあるのをご存知ですか?

タウンライフと提携する大手ハウスメーカー34社

たった3分のネット申込みで条件にあった工務店、ハウスメーカーから「住宅カタログ」「概算見積もり」「間取りプラン」を無料でまとめて受け取れる役立つサービスが【タウンライフ家づくり】です。安く家を建てるならぜひチェックして見てください。

1500万円は「家の建て替え」費用の目安にも

ここまで、コミコミ1500万円の家をご紹介してきましたが、このページをご覧になられている方の中には、

1500万の予算で家の建て替えはできる?
家の建て替えに掛かる費用っていくら位?

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?
まず、1500万円の予算があれば家の建て替えは十分可能です。これまでご紹介してきたように、土地代を含まず「建物本体を建てる費用」として考えれば色んなバリエーションの家を検討できるでしょう。

ただし、家の建て替えといっても「解体費」や「仮住まいの費用」、「新しい家の建築費」や「手数料・税金」など、さまざまな費用が掛かってしまいます。こうした、建物本体以外に掛かる費用のことも想定しておくようにしましょう。

家の建て替えを1500万円に抑えるためのポイント

まず、1500万円の予算を「諸費用込み」と考えるか?それとも「諸費用は別途」とするかで大きく違ってきます。あくまで目安となりますが、

  • 諸費用を「込み」と考える場合は「建物本体:1250万円」が目安。
  • 諸費用を「別途」と考える場合は「建物本体:1500万円」+「諸費用」。

ちなみに、家の建て替えをする場合、建物本体以外に「約250万円」の費用が必要といわれています。それぞれ費用の内訳・相場の目安を以下にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

費用の内訳費用の相場
解体工事費 90万~150万円前後
  • 木造住宅:3万~4万円(坪)
  • 鉄骨造:4月~6万円(坪)
  • 鉄筋コンクリート造:4万~8万円(坪)
諸費用
  • 印紙税:1万円
  • 登録免許税:3万円
  • 不動産取得税:24万円
  • 住宅ローン手数料など:数万円~
  • 火災保険、地震保険:15万~25万円ほど
  • 仮住まいの費用:100万~150万円ほど
  • 引っ越し費用:30万円ほど

1500万円前後で建てた注文住宅・平屋の間取り実例

1500万円の予算でどんな家を建てることができるのか?

十分な生活スペースを確保できるか、間取りの制限はあるのか、家族の希望を叶えることができるのか、いろんな不安を抱える方も多いかと思います。このトピックでは、1500万円で建てた注文住宅・平屋の間取り実例をご紹介します。

外観デザインや間取り図、内観ギャラリーだけでなく、総額費用の参考シミュレーションも掲載しています。ぜひ、家づくりのイメージ作り&費用シミュレーションに役立ててください。

1500万で建てた「平屋の家」間取り実例3選

【28.3坪・3LDK】おしゃれなカフェスタイルの平屋

1500万円の平屋の家・28.3坪・3LDK・おしゃれなカフェスタイルの平屋「外観デザイン」

出展:SUUMO

本体価格:1,499万円(~ 53.0万円/坪)
延床面積:93.64㎡(28.3坪)
敷地面積:162.55㎡(49.1坪)
家族構成:夫婦+子供2人
施工会社:リバティーホーム
商品プラン:
間取り図(3LDK)
1500万円の平屋の家・28.3坪・3LDK・おしゃれなカフェスタイルの平屋「間取り図」
内観ギャラリー
1500万円の平屋の家・28.3坪・3LDK・おしゃれなカフェスタイルの平屋「内観ギャラリー」

上記の間取り実例は、福岡県の久留米市・佐賀市を中心に展開する「リバティーホーム」で建てた平屋の家(延床面積:28.3坪/3LDK)です。

一番の特徴は、家の中心に設置された広々としたLDK。カフェスタイルの対面キッチンがおしゃれで、寝室・水回りへの移動もしやすい機能的な動線に仕上げられています。

また、柱や梁を活かしたレトロな雰囲気のLDKは約20畳と広々。リビングから直接スキップフロアの子供部屋につながる設計で、家族がいつもふれあえるオープンな間取りに。

総額費用のシミュレーション
本体工事費~ 1499万円
付帯工事費約332万円
諸費用約166万円
総額費用約1998万円

※費用相場からシミュレーションした参考価格です。

【26.9坪・2LDK】カントリー雑貨が似合う南欧風の平屋

1500万円の平屋の家・26.9坪・2LDK・カントリー雑貨が似合う南欧風の平屋「外観デザイン」

出展:SUUMO

本体価格:1,499万円(~ 55.7万円/坪)
延床面積:89.02㎡(26.9坪)
敷地面積:
家族構成:夫婦
施工会社:レオハウス
商品プラン:CoCo
間取り図(2LDK)
1500万円の平屋の家・26.9坪・2LDK・カントリー雑貨が似合う南欧風の平屋「間取り図」
内観ギャラリー
1500万円の平屋の家・26.9坪・2LDK・カントリー雑貨が似合う南欧風の平屋「内観ギャラリー」

上記の間取りは、ローコストながら自由度の高い設計も叶えられる全国展開のハウスメーカー「レオハウス」で建てた平屋の家(延床面積:26.9坪/2LDK)です。

アーチ型のポーチや土壁風のエントランスなど、南欧風のデザインがおしゃれな外観デザインに。「カントリー調の雑貨が好き」という施主さんの好みにあわせて、天井の化粧梁とフローリングで素朴な味わいと木質感を演出したカントリースタイルのリビング、アーチ型にくり抜いた壁収納やロートアイアンの手摺りなど、南欧風のディテールが随所にちりばめられています。

総額費用のシミュレーション
本体工事費~ 1499万円
付帯工事費約332万円
諸費用約166万円
総額費用約1998万円

※費用相場からシミュレーションした参考価格です。

【29.3坪・4LDK】無駄を省いて機能的で使い勝手のいい平屋

1500万円の平屋の家・29.3坪・4LDK・無駄を省いて機能的で使い勝手のいい平屋「外観デザイン」

出展:SUUMO

本体価格:1,499万円(~ 51.2万円/坪)
延床面積:96.88㎡(29.3坪)
敷地面積:264.47㎡(80.0坪)
家族構成:夫婦+子供2人
施工会社:カステルホーム
商品プラン:
間取り図(4LDK)
1500万円の平屋の家・29.3坪・4LDK・無駄を省いて機能的で使い勝手のいい平屋「間取り図」
内観ギャラリー
1500万円の平屋の家・29.3坪・4LDK・無駄を省いて機能的で使い勝手のいい平屋「内観ギャラリー」

上記の間取りは、滋賀県の彦根市・近江八幡市を中心に展開する「カステルホーム」で建てた平屋の家(延床面積:29.3坪/4LDK)です。

ワンフロアに子供部屋、夫婦の寝室、広々としたLDKを収めることで、スムーズな生活動線とたっぷりの収納スペースを確保。平屋の魅力をうまく活かした機能的&暮らしやすい間取りに仕上げられています。

総額費用のシミュレーション
本体工事費~ 1499万円
付帯工事費約332万円
諸費用約166万円
総額費用約1998万円

※費用相場からシミュレーションした参考価格です。

1500万で建てた「注文住宅の家」間取り実例2選

【32.0坪・2LDK】明るく開放的なリビング空間&機能的な回遊動線も備えた2階建ての家

1500万円の注文住宅の家・32.0坪・2LDK・明るく開放的なリビング空間&機能的な回遊動線も備えた2階建ての家「外観デザイン」

出展:SUUMO

本体価格:1,490万円(46.5万円/坪)
延床面積:105.98㎡(32.0坪)
敷地面積:167.07㎡(50.5坪)
家族構成:
施工会社:シンプルハウス
商品プラン:
間取り図(2LDK)
1500万円の注文住宅の家・32.0坪・2LDK・明るく開放的なリビング空間&機能的な回遊動線も備えた2階建ての家「間取り図」
内観ギャラリー
1500万円の注文住宅の家・32.0坪・2LDK・明るく開放的なリビング空間&機能的な回遊動線も備えた2階建ての家「内観ギャラリー」

上記の間取りは、滋賀県・京都府を中心に展開するハウスメーカー「シンプルハウス」で建てた2階建ての家(延床面積:32坪/2LDK)です。

黒いガルバリウム鋼板であしらったシンプルな外観デザイン、庭側に大きな窓を設置した明るく開放的な空間、玄関ホール→LDK→洗面室と機能的な回遊動線など、ストレスなく居心地のいい間取りに仕上げられています。

総額費用のシミュレーション
本体工事費1490万円
付帯工事費約330万円
諸費用約165万円
総額費用約1986万円

※費用相場からシミュレーションした参考価格です。

【3LDK】住宅密集地でも明るく開放的&プライバシーも配慮した2階建ての家

1500万円の注文住宅の家・3LDK・住宅密集地でも明るく開放的&プライバシーも配慮した2階建ての家「外観デザイン」

出展:SUUMO

本体価格:1,499万円
延床面積:
敷地面積:
家族構成:夫婦+子供1人
施工会社:家物語 小林工務店
商品プラン:
間取り図(3LDK)
1500万円の注文住宅の家・3LDK・住宅密集地でも明るく開放的&プライバシーも配慮した2階建ての家「間取り図」
内観ギャラリー
1500万円の注文住宅の家・3LDK・住宅密集地でも明るく開放的&プライバシーも配慮した2階建ての家「内観ギャラリー」

上記の間取りは、埼玉県を中心に展開する地元密着の工務店「小林工務店」で建てた2階建ての家(3LDK)です。

外からの視線を遮りながら室内を明るくする中庭が設置されているのが最大の特徴。吊戸棚のない対面キッチン、スケルトン仕様のリビング階段、吹き抜けリビングなど、開放的な空間設計のための工夫が数多く使われています。

総額費用のシミュレーション
本体工事費~ 1499万円
付帯工事費約332万円
諸費用約166万円
総額費用約1998万円

※費用相場からシミュレーションした参考価格です。


1500万円で建てた平屋と2階建ての家、それぞれの間取り・内観ギャラリーなどご紹介してきましたがいかがでしたか?

1500万円の予算でどんな家を建てることができるのか?』といった数々の不安や疑問、その多くが解消できたのではないでしょうか?それぞれ様々な個性・工夫があってどれも住み心地のいい間取りに仕上げられています。ぜひ、家づくりのイメージづくりの参考にしてみてください。

ローコストな家づくりを成功するために!

お手頃な値段はもちろん!間取りの広さやデザインも自分好み!こんな理想の住まいを手にするためには「ハウスメーカー選び」が重要なミッション。そんな条件付きのハウスメーカー選びに役立つWebサイトが「ライフルホームズ」です。

ライフルホームズは、予算・人気テーマ・希望エリアの条件を指定して、気になる住宅メーカーの資料・カタログを一括請求できる無料のWEBサービス。ローコスト住宅に限定した検索&比較もできるので、価格を安く抑えた家づくりを目指すなら必見のサービスです。

大手ハウスメーカーで建てる1500万円の家

1500万円の予算には収めたい。でも、住宅性能にもこだわりたい。
大手ハウスメーカーならではの安心感は捨てがたい。

1500万円の家づくりを目指す方の中には、「住宅性能の高さ」や「手厚いアフターサービス」、「独自の安心感」や「ネームバリュー」など、大手ハウスメーカーに依頼することで得られるメリットを手にしたいという方もいるのではないでしょうか?

このページ最後のトピックでは、大手ハウスメーカーでも建てられる1500万円の家をご紹介。また番外編として、『積水ハウス・ミサワホームといった大手でも1500万円の予算で家を建てられるのか?』という疑問についても解説します。

一条工務店で建てる1500万円の家

一条工務店のホームページ画像

出展:一条工務店

一条工務店ってどんな会社?

一条工務店は、「家は性能」をコンセプトに、質の高い住まいづくりを低価格で提供する人気の高いハウスメーカー。とくに、木造住宅の耐震設計技術に関しては高い評価を獲得しており、最近では省エネ設備や太陽光設備にも力を入れています。「性能の高い家を安く建てたい!」こんな方に一条工務店はおすすめです。

一条工務店の坪単価・本体価格の目安

一条工務店では木造住宅を中心に幅広いラインナップが用意されていますが、坪単価の目安でみると「55万円~140万円」、仮に30坪から45坪前後の家を建てるとすると「1650万円~5600万円」が目安となります。

延床面積本体価格の目安
30坪(約99.17㎡)1650万円 ~ 4200万円
35坪(約115.70㎡)1925万円 ~ 4900万円
40坪(約132.23㎡)2200万円 ~ 5600万円

坪単価をはじめ本体価格のレンジが広いため、ローコストに抑えるためには前もって商品プランごとの特徴、価格の目安を調べた上で、予算にあった商品プランを選ぶことが重要です。

一条工務店の1500万円前後の家「45周年記念商品 HUGme(ハグミー)」

一条工務店の1500万円の家「45周年記念商品 HUGme(ハグミー)」の画像

HUGme(ハグミー)」は、2023年1月より全国販売が開始された「一条工務店の45周年記念商品」です。性能の高さはそのままに、シンプルな規格住宅プランとしての仕様にすることで低価格化を実現。本体価格は「1490万円~(税抜き)」です。

●HUGmeの特徴・標準仕様

  • 耐震等級3以上、2倍耐震仕様
  • 業界最高レベルの超気密・超断熱仕様
  • 外壁全面タイル
  • 全館空調システム
  • 長期優良住宅

販売期間・数量を限定して販売されている商品なので、ハグミーが気になる方は「一条工務店の公式ホームページ」でチェックしてみてください。

タマホームで建てる1500万円の家

タマホームのホームページ画像

出展:タマホーム

タマホームってどんな会社?

このページでは、コミコミ1500万円の家で何度か登場しましたが、改めてタマホームのご紹介を。

タマホームは「品質も、価格も、叶う家」をコンセプトに、低価格と高品質の両方を備えたローコスト住宅を扱う大手のハウスメーカーです。中間業者を挟まない施工の直接管理や住宅設備の大量発注など、徹底したコストダウンの取組みによって、ベストセラーの「大安心の家」、20代でも手が届く「シフクのいえ」といった、数多くのローコスト住宅プランを提供しています。

タマホームの坪単価・本体価格の目安

ローコストに家を建てられる規格住宅プランから、自由度の高い設計を可能にした自由設計プランの家まで、幅広い商品ラインナップが用意されています。

坪単価の目安でみると「50万円~74万円」、仮に30坪から45坪前後の家を建てるとすると「1500万円~3375万円」が価格帯の目安にすることができます。

延床面積本体価格の目安
30坪(約99.17㎡)1500万円 ~ 2220万円
35坪(約115.70㎡)1750万円 ~ 2590万円
40坪(約132.23㎡)2000万円 ~ 2960万円

タマホームの1500万円前後の家「シフクノいえ プレミア」

【2階建て】コミコミ1500万の家 タマホーム-シフクノいえ プレミア「外観デザイン」

シフクノいえ プレミア」は、タマホームの商品の中でも比較的安い価格設定がされた規格住宅プラン。本体工事費だけでなく一部の付帯工事費、諸費用を含めたコミコミ1500万円で提供されています。

この他、「木麗な家」「木望の家」「グリーンエコの家」といった低価格が特徴の商品も数多く揃えられています。タマホームの特徴・坪単価や価格が気になる方は下記のページも参考にしてみてください。

【番外編】積水ハウス・ミサワホームでも1500万円の家は建てられるのか?

番外編として、
国内最大手ハウスメーカー、『「積水ハウス」「ミサワホーム」でも1500万円の家を建てることはできるのか?』という疑問に関して、

結論から申し上げますと「1500万円で家を建てるのは高い確率で難しい」と言わざるえません。坪単価が高く設定されたハイグレード商品をメインに扱っているためです。

積水ハウス・ミサワホームの坪単価・本体価格の目安

積水ハウス、ミサワホームの目安となる坪単価は「60万円~150万円」、30坪から40坪の家を建てたと想定した本体価格の目安は「1800万円~6000万円」です。

延床面積本体価格の目安
30坪(約99.17㎡)1800万円 ~ 4500万円
35坪(約115.70㎡)2100万円 ~ 5250万円
40坪(約132.23㎡)2400万円 ~ 6000万円

優れた構造強度と設計の自由度を両立させた業界№1の実績を誇る「積水ハウス」、約3倍の収納面積を作り出す”蔵のある家”が人気の「ミサワホーム」、国内最大手のハウスメーカーと呼ばれるだけあって、性能・品質・デザイン性など抜群に優れています。

一方で、高い性能と品質、優れたデザイン性も備わっているだけあって、その価格も段違いに高いです。 両社の商品プランが魅力的に映るのも理解できますが、今一度、予算の見直しと費用のシミュレーション、ハウスメーカー選びを再度検討してみることをお勧めします。

まとめ

1500万の家」をテーマに、間取りの実例に規格住宅プランの特徴、コミコミ1500万の家などご紹介してきましたが、いかがでしたか?

1500万円の予算があれば、十分な生活スペースを確保したちょうどいいサイズの家を建てることができます。ただし、家を建てる費用には、本体工事費の他にも「付帯工事費」や「諸費用」などが掛かってしまうことに注意が必要です。

また、「ローコスト&規格住宅」という条件をベースにすることで、自分好みのデザイン・間取りプランを見つけることも十分可能です。ご予算にあったピッタリのハウスメーカー選びをぜひ実践してみてください。

この記事のポイントまとめ
1500万円で建てる家の特徴とは?

予算1500万円の場合、建築コストを安く抑えた「ローコスト住宅」で、あらかじめ間取りや設備の使用が決められている「規格住宅プラン」が前提の条件になります。

一方で、大手ハウスメーカーが手掛ける「自由設計・セミオーダー型プラン」にした場合、1500万円の予算をオーバーしてしまう可能性が十分考えられます。予算に応じたハウスメーカー選び&費用シミュレーションを行うようにしましょう。

予算1500万円で建てる家の特徴とは?

コミコミ1500万円の家とはどんな家?

コミコミ1500万円の家とは、建物の「本体工事費」のほか、一部の「付帯工事費」と「諸費用」がワンパッケージになった商品のこと。

標準価格「1500万円」とコミコミ価格で表記されているので、予算オーバーの心配を減らして計画的な返済シミュレーションを立てることができます。

一方、コミコミ価格の基準が会社によって違うため、その内容・範囲を確認するようにしてください。また、『「コミコミ価格=総額費用」ではない』ということにも注意が必要です。

コミコミ1500万の家とは?

ローコスト住まい
希望価格・理想間取り手にする方法!!
ライフルホームズ
ローコスト住宅・カタログ一括請求ならコチラ

ライフルホームズは、予算・人気テーマ・希望エリアの条件を指定して、気になる住宅メーカーの資料・カタログを一括請求できる無料のWEBサービス。ローコスト住宅に限定した検索&比較もできるので、価格を安く抑えた家づくりを目指すなら必見のサービスです。

住宅カタログ
簡単請求!!
登録住宅メーカー
トップクラス!!