ローコスト住宅は実際いくら?価格と坪単価の目安

ローコスト住宅はどれ位安いの?価格や坪単価の相場って実際いくら?ローコスト住宅が気になる方なら、総額費用の内訳や支払いの負担など、お金の心配ごとが多くなるはず。ローコストな家づくり計画に役立つ!実際の価格・坪単価やコミコミ価格の意味、ローコスト住宅の価格や坪単価の見方、総額1000万円台のローコスト住宅の実例などご紹介します。

ローコスト住宅は実際いくら?価格と坪単価の目安

ローコスト住宅なら1000万円台で家が建つ』ってホント?
初めてローコスト住宅に関心を持った方なら、目を疑いたくなる驚きのロープライスに疑問や不安を真っ先に覚えた方も多いのではないでしょうか?また中には、実際の価格や費用の相場を慎重に調べて、少しでも坪単価を安く抑えた『家計に優しい家づくり計画』を考える方も少なくないはず。

ローコスト住宅の価格は「1000万円台~」、坪単価にすると「30万円~」が相場とされています。しかし実際は、価格や坪単価だけで住宅を正しく評価することは難しく、失敗・後悔しないローコストな家づくりを目指すには、表面上の金額だけでなく総合的な評価が必要になります。

この記事では、ローコスト住宅の一般的な価格・坪単価の相場に加えて、実際かかる総額の費用、1000万円以下の超ローコスト住宅など、お金をテーマにした情報をご紹介します。


理想を叶える!ローコストな家づくり計画
住宅カタログ・間取りプラン・費用の見積りも!!
タウンライフ家づくり

全国600社以上の住宅メーカーを"条件"や"予算"に応じて、今すぐ検索&間取りや費用で比較!家づくりの条件に合わせた"オリジナル計画書"を無料で作成・お取り寄せできます。

「ローコスト住宅」と「注文住宅」相場の違いは?

少しでも安い費用で支払いの負担も軽くしたいと考える方なら、一般的な住宅費用の相場と比べて「ローコスト住宅は一体どれだけ安いのか?」その価格や費用について素朴な疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか?

一般的な価格・坪単価の相場でみると、注文住宅の全国平均は「3,395万円」、坪単価だと「88万円」とされています。一方のローコスト住宅は、本体価格で「1,000万円台~」、坪単価で「30万円~」と約半額程度からを費用の相場と見ることができます。

ローコスト住宅と注文住宅の価格を比較した画像

地域や土地の条件、住宅メーカーによって価格や坪単価は大きく違ってしまうため、これらの相場はあくまで目安の金額です。
新聞の折込みチラシやネット広告で度々見かける、「月々●●万円から叶う!本体価格■■万円台のローコストな家づくり」といった魅力的なキャッチフレーズ、実際ローコスト住宅なら1000万円台でも家を建てることは十分可能です。

ただし、お手頃価格の多くは住宅本体の価格であって、本体以外の「工事費」や「諸費用」などその他費用が含まれていない事に留意する必要があります。では、本体以外の費用も含めたローコスト住宅の総額でみると、その価格はいくらになるのでしょうか?具体的な金額で見てみましょう。

ローコスト住宅の価格・実際の総額はいくら?

ローコスト住宅の総額とは、「本体工事費」と「付帯工事費」、「その他費用」を合算した価格です。たとえば、本体価格1000万円のローコスト住宅の場合、「付帯工事費:200万円」と「その他費用の100万円」を含めた1300万円を総額の目安と考えることができます。

ローコスト住宅の総額が分かる!費用の内訳と坪単価の画像

ローコスト住宅の総額が分かる!費用の内訳・項目の一覧

項目 費用の内容 価格の例
本体工事費 標準仕様の本体価格
坪数 × 坪単価
  • 坪単価40万円×35坪=1400万円
・オプション 仕様の追加や設備グレード変更に掛かる費用
  • タイル張りの外壁:120万円
  • ダウンライト:30万円
  • 食器洗い乾燥機:15万円
  • 床暖房:60万円
  • 太陽光発電システム:150万円
付帯工事費 「外構工事」や「屋外給排水工事」、建替えの「解体工事費」「地盤改良費」など
  • 280万円
諸経費 住宅ローン手数料や登記費用、各種保険や各種税金、地盤調査費など
  • 140万円
総額 2195万円

ローコスト住宅の場合、本体工事費+付帯工事費+諸費用といった基本費用でみれば1000万円台に抑えることは十分可能です。ただし、上記の例にあるように、オプションの追加や設備のグレードアップなどを重ねると、総額費用は大きく違ってしまいます。

また、住宅メーカーや土地の条件によって費用は大きく違うため、正確な総額を把握するには「見積書」を出してもらってその内訳費用・項目ごとの価格を見るしか方法はありません。ローコスト住宅だからといって、必ずしも1000万円台で建てられるわけではないことを覚えておきましょう。

ローコスト住宅の坪単価・費用の目安とは?

坪単価」とは、1坪あたりの平均的な費用の目安のことで、建物の本体価格を延床面積の坪数で割って計算されます。ローコスト住宅に限らず、「住まい」に関する幅広いシーンで活用されるので、この坪単価をひとつの目安にする方多いのではないでしょうか?

坪単価の基本的な計算方法は、

「住宅の本体価格」÷「延床面積」=「坪単価」

で求めることができます。

しかし先ほどの「ローコスト住宅の価格」と同じように、この坪単価に関しても本体価格を基準とするため、その他の費用が含まれていません。また、坪単価の計算も基準があいまいで、延床面積ではなく「施工面積」で計算される場合もあるため、坪単価に含まれている費用の内訳を知ることが大切です。

そのため、坪単価だけで住宅の「高い」「安い」を正しく評価するのは難しく、その坪単価に含まれる費用、建物の形状、また地域によっても大きく違ってしまうので、あくまで目安として活用するようにしましょう。

坪単価で比較!人気のローコスト住宅メーカー

住宅メーカー 坪単価の目安 特徴
レオハウス 25 万円~ 60 万円 レオハウスは、ダスキン・クリクラといった生活に身近なサービスを提供する一部上場企業「ナック」が運営母体のハウスメーカーです。徹底した合理化と大量仕入れによるコスト削減、ローコストでありながら自由設計の家がレオハウスの大きな特徴。
アイフルホーム 25 万円~ 65 万円 アイフルホームは「よりよい家を、より多くの人に、より合理的に」をコンセプトに、住宅業界で最大規模のFC(フランチャイズ)展開する住宅メーカー。住宅設備の最大手メーカー「LIXIL」が運営しています。
クレバリーホーム 30 万円~ 65 万円 クレバリーホームは『住まいは「人生を創る」場所である』という考えの元に、千葉県を拠点としながらフランチャイズ制で全国展開する住宅メーカー。徹底したコストカットの取組みで、低価格を実現しながら耐震・耐久性の優れた機能性住宅が大きな特徴。
アキュラホーム 30 万円~ 70 万円 アキュラホーム最大の特徴は「匠の心」を持ったプロ職人が作る、品質・性能・デザインも優れた住まい。社長自ら出演するテレビCM「カンナ社長」でもお馴染みです。
エースホーム 35 万円~ 60 万円 エースホームは「デザイン面でも耐久性を持たせた住まい」を信念に、「美的耐久性」をコンセプトにした優れたデザインと高品質のローコスト住宅が大きな特徴。ブルックリンスタイルのデザイン「XOXO Switch」、フレンチカントリースタイルの「Canto」など、

1000万円以下の格安住宅「超ローコスト住宅」とは?

超ローコスト住宅とは、ローコスト住宅よりもさらにワンランク価格の安い「格安住宅」のこと。ハッキリとした定義や基準は決められていませんが、一般的に「本体価格1000万円以下」「坪単価30万円以下」で建つ家を”超ローコスト住宅”とされています。

超ローコスト住宅ってどんな家?
  • コスト削減と効率化によって価格をギリギリまで抑えた家
  • 住宅性能よりも価格の安さを重視した家
  • 間取りや設備がパターン化された規格住宅
  • 本体価格1000万円以下、坪単価30万円以下で建つ家

ローコスト住宅や格安住宅に限ることではありませんが、家づくりは「掛けたコスト分の性能しか期待できない」というのが前提です。そのため、価格を安く抑えて家を建てようとする分、低価格なりのデメリットが大きくなるのを許容しなくてはなりません。

そのため、価格や坪単価の安さだけでなく、住宅性能も評価に加えたバランスを考えることが大切です。住宅メーカーの実績や住宅性能の高さ、保証やアフターメンテナンスなど幅広い条件から比較して、安心して家づくり任せられる住宅メーカーを選ぶようにしましょう。

ローコスト住宅メーカー選びのポイント
  • 家づくりの条件やこだわりに優先順位をつけて整理する。
  • 住宅メーカーの特徴や坪単価の目安、住宅性能や間取りプランを幅広く調べる。
  • 有名ハウスメーカーだけに拘らず、工務店からパワービルダーと候補を広く設定する。
  • 気になる住宅メーカーの資料・カタログを取り寄せて、可能であればモデルハウスを見学する。
  • 条件に合う複数の住宅メーカーから見積もりを取り寄せて、値段・設備・仕様と広い項目で比較・検討する。

【まとめ】ローコスト住宅なら総額1000万円台も実現可能!ただし、価格や坪単価の落とし穴には要注意!

住宅メーカーの企業努力によって低価格が実現されたローコスト住宅なら、総額1000万円台からのマイホーム購入も夢ではありません。しかし、魅力的にみえる価格や坪単価の実態は、さまざまな費用が含まれない大きな落とし穴が待っているかも知れません。

そのため、価格や坪単価に含まれる費用の内訳を知って、正確な総額を必要とする場合は見積書を取り寄せるようにしましょう。また、費用を安く抑えるということは、そのコスト分の住宅性能しか期待できないことを前提するのも大切です。

これまでご紹介してきたローコスト住宅の価格や坪単価について、リンクされた各ページにてより詳しくまとめています。予算や費用にピッタリ収まるローコスト住宅を建てるために、これらの記事もぜひ参考にして下さい。


ローコスト住まい
希望価格・理想間取り手にする方法!!
無料で使える!
間取りプランの作成・見積り比較サービス
タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくり」は全国600社以上の住宅メーカーの中から、家づくりの条件・要望に合わせた"間取りプランの作成"、"費用の見積り"をオンラインでお取り寄せできる住宅プラン比較サービス。
条件にピッタリの住宅メーカーを"カタログ"や"間取りプラン"、"費用の見積もり"から比較・検討したい方にオススメのサービスです。低コストな家づくり計画を前に進めるために有効活用してください。