「ローコスト(低価格)住宅とは?」が分かる!5つの特徴と基礎知識

『ローコスト住宅・低価格住宅』は、家計の負担を軽くして念願のマイホーム購入を叶えるな家づくりの方法。低価格の理由や仕組み、注文住宅と規格住宅の違い、メリット・デメリットの比較など「なぜ?ホントに?」をスッキリさせる、ローコスト住宅の特徴や基礎知識についてご紹介します。

「ローコスト(低価格)住宅とは?」が分かる!5つの特徴と基礎知識

ローコスト住宅・低価格住宅を建てる』という選択は、家計の負担を軽くして念願のマイホーム購入を叶えるスタンダードな家づくりの方法です。住宅購入時の初期費用を安く抑えたり、月々の住宅ローン支払いを軽くしてくれるなど、ローコスト住宅にはさまざまなメリットがあります。

今回はじめて、ローコスト住宅が気になったという方の中には、
低価格の家ってことだけあって、品質や住み心地もあまり良くない?
後になった後悔や失敗はしたくない!ローコスト住宅に決めて本当に大丈夫??
といった、デメリットの心配や失敗・後悔の不安を真っ先に考える方も多くいるのではないでしょうか?

今では、大手ハウスメーカーでもローコスト住宅事業に力を入れて、独自の性能と技術でもって販売戸数を伸ばそうとする時代です。”低価格”と”高性能“、そして”高品質“を備えた住宅プランは数多く存在します。

とはいえ、低価格で家を建てられる仕組みやその理由、注文住宅や建売住宅との違い、具体的なメリットやデメリットなど、さまざまな疑問を持たれる方も多いはず。この記事では、「なぜ?ホントに?」の疑問をスッキリ解消させる、ローコスト住宅の特徴や基礎知識についてご紹介します。

ローコスト住宅とは?なぜ低価格で家が建つの?その理由と仕組み

そもそもローコスト住宅とは、一般的な費用相場よりも安い価格で販売されている住宅のこと。”ローコスト”に明確な基準はありませんが、一般的な住宅の坪単価が80~100万円なのに対して、ローコスト住宅は約半額程度の40~60万円前後(1000万円台)が相場といわれています。

なぜ、ローコスト住宅は低価格で家を建てられるのか?
それは、低価格化を実現させる住宅メーカーの企業努力(工夫や仕組み)が一番大きな理由です。

低価格を実現させる住宅メーカーの取組み
  • 住宅プランや間取りを規格化(パターン化)して販売
  • 建材・資材を大量注文することでコストを大幅に削減
  • 広告費・人件費をおさえてコストダウン

「ローコスト住宅」と聞くと、価格の安さから真っ先のネガティブな印象が持たれることが多いですが、実は、住宅メーカーが取り組む工夫や仕組みなど、企業努力によってリーズナブルな価格設定がなされているのです。

ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅最大のメリットといえば、ズバリ価格の安さです。
住宅ローンの負担や初期費用を軽くすることで、将来のための蓄えや暮らしの充実にお金を回せるメリットがある一方で、ローコスト住宅ならではのデメリットも多く存在します。

ローコスト住宅にはどのようなメリットとデメリットがあるのか?建てた後になって後悔・失敗しないためにも、それぞれの特徴を予め抑えておくようにしましょう。

ローコスト住宅のメリット

  • 住宅ローンの負担を軽くして無理ない予算でマイホームを建てられる
  • 着工から完成までの工期が短く(約3ヶ月ほど)仮住まいの家賃を節約できる
  • 設備のオプション追加がしやすく、将来的な建て替え・リフォーム計画が立てやすい

家づくり全体の費用でみると、最も大きな買い物になるのが「本体工事費」と呼ばれる住宅の購入費です。ローコスト住宅の大きなメリットは、この大きな金銭的な負担や不安を軽くできることにあります。

月々の住宅ローン返済を軽くできる分、子どもの成長や老後を見据えた蓄えにお金を回したり、将来的な建て替えやリフォームを考えたり、住宅設備の充実にお金を使ったりなど、今の家計に無理のないマイホームづくりが可能になります。

ローコスト住宅のデメリット

  • デザインや間取りプランの自由度が低く、部材や設備のグレードが低く設定されている
  • 注文住宅と比べて、耐久性・耐震性・遮音者など住宅性能が劣る場合がある
  • 標準仕様以外のオプション追加や住宅設備のカスタマイズで、割高になる場合がある
  • 定期点検、メンテナンス、保証などのアフターケアが手厚くない場合がある

ローコスト住宅最大のデメリットは”家づくりの多くが限定される“こと。
低価格で家を建てられる「規格型住宅」が前提になるため、一般的な注文住宅と比べると間取りや住宅設備の自由度は低く、住宅性能に関してもやや劣ってしまいます。また、オプション追加やカスタマイズによって、デメリットを補うのに注力しすぎると最終的には割高になるケースも。

ローコスト住宅の寿命は短いってホント?

ローコスト住宅をネット検索すると、
作りが安っぽい」「欠陥のリスク」といった批判的な情報もありますが、『ローコスト住宅=短寿命』ということはありません。大手ハウスメーカーでもローコスト住宅事業に力を入れる現在、耐久性に優れて耐用年数も十分な品質の高い住宅プランも数多くあります。

ローコスト住宅の寿命について、こうした間違った認識が広まった原因の一つに、ローコスト住宅メーカーが過去に起こした「欠陥住宅問題」が大きな話題となったことが影響しています。低価格を売りに販売戸数を伸ばす一方で、一人の現場監督が複数の物件を管理する体制だったことで、監理が行き届かずに多くの欠陥住宅を出してしまったのです。当時、週刊誌をはじめネットニュースでも大きな話題になりました。

ローコスト住宅の「長寿命」と「短寿命」を分ける差とは?

一般的に住宅の寿命や耐用年数は、木造だと30年程度、鉄筋コンクリートだと50年ほど、長持ちする家なら90年ほどと言われています。これは、ローコスト住宅と一般住宅ともに同じで「耐久性の高さ」に大きな違いはありません。

ローコスト住宅だからといって、寿命が早く耐用年数が短いといったことはありません。ローコスト住宅の「長寿命」と「短寿命」を分ける大きなポイントは、施工を担当する職人の技術です。

そのため、信頼できる住宅メーカー・職人が手掛けたローコスト住宅であれば、寿命や耐久性、耐用年数についても何ら心配することはありません。また、ハウスメーカーの中には、ローコスト住宅でも「長期優良住宅」の基準を満たす、『寿命が長く』『資産価値も高い』商品を提供するところもあります。

長く快適に住み続けられるローコスト住宅を建てるには、住宅メーカー選びが重要なポイントになるといえるでしょう。

「ローコスト注文住宅」と「規格型ローコスト住宅」

そもそもローコスト住宅には、「注文住宅(セミオーダー型)」と「規格(規格型)住宅」の2種類の設計方法が存在します。

ローコスト注文住宅とは、その名の通り「注文住宅」の自由な家づくりの要素を備えつつ、「ローコスト住宅」の低価格を実現させた住宅プランのこと。一般的な注文住宅と比べると、坪単価・値段を安く抑えた家づくりが可能で、間取りや住宅設備の選択肢・自由度が高いことが大きな特徴です。

一方で、「規格型のローコスト住宅」とは、予め決められた間取りプランや住宅設備の中からセレクトして決める家づくりの方法です。初期費用を安く抑えらえるだけでなく、完成までの手間や期間を大きく短縮できるなど、さまざまなメリットを得ることができます。

注文住宅と規格型住宅の違いとは?

注文住宅の特徴
  • 家づくりのこだわりや要望を高い基準で叶えることができる
  • お金を掛ける箇所と削る箇所を選べるのでコストダウンの自由度が高い
  • 完成した住宅の資産価値が高い
規格型住宅の特徴
  • 建築コストを安く抑えることができる
  • ある程度自分の好みに合わせた家づくりができる
  • 打合せの時間や完成までの工数を短く早く入居できる

また設計方法や手順・流れの違いのほかにも、注文住宅と規格型住宅では住宅本体の値段も大きく違ってきます。住宅メーカーや敷地面積・建築予定地によって差があるものの、注文住宅の方が割高で、規格型住宅の方は低コストで家を建てることができます。
ちなみに「超ローコスト住宅」と呼ばれる、本体価格1000万円以下で建てられる住宅の多くは、規格型住宅に分類されてい

まとめ:ローコスト住宅とは『住宅メーカーの企業努力によって低価格が実現された”家計に優しい”家づくりの方法』

ローコスト住宅に向けられていた、デメリットの心配や失敗・後悔の不安について少しは解消することができたでしょうか?ローコスト住宅とは、「住宅メーカーの企業努力によって低価格が実現された”家計に優しい”家づくりの方法」です。

掻い摘んでご紹介してきたローコスト(低価格)住宅の特徴やメリット・デメリット、注文住宅と規格住宅の違いについては、リンクされた各ページにて詳しくまとめています。ローコスト住宅をさらに詳しく知りたい方は、ぜひそちらの記事も参考にしてみて下さい。